精神疾患にならないために|定期的にチェックを行うことが大切【自宅でうつか調べる方法】

定期的にチェックを行うことが大切【自宅でうつか調べる方法】

精神疾患にならないために

カウンセリング

なりやすい人の特徴

うつ病は、誰にでも起こりうる可能性がある精神疾患の一つです。体の丈夫さなどは関係なく、ちょっとしたストレスでも発症してしまうことがあります。病気を予防して健康を維持するためにも、まずはうつになりやすい人の特徴を知っておくましょう。性格の特徴としての共通点は、真面目で責任感が強い人です。仕事や家事において、逃げてはいけない、頑張らなくてはいけない、と感じて頑張りすぎてしまう人ほど、心がパンクして病気になってしまいがちです。それと同じように、完璧主義者の人も、注意が必要です。手を抜くことに抵抗があり、自分が追いつめられている状況でも最後まで完璧に何かをやり遂げなくてはいけない、と感じ、徐々に心が追いつめられてしまうのです。上記のような特徴に心あたりがある人は、うつになってしまう可能性が高いと言えます。また、このような性格の特徴や考え方などから総合的に判断して、自己チェック出来るサイトなどもあるので、活用すると良いでしょう。この自己チェックをするということは、とても大切です。自分は精神疾患にならない、と自信を持っている人ほど、実際に発症してしまうことも多いからです。自己チェックをして、少しでもグレーな数字が出たら、早めに病院を受診するようにしましょう。早めに治療を開始することが、うつ病を治す一番の近道だからです。症状が重い状態から治療を始めても、完治まで多くの時間がかかり、また医療費などもかさんでしまいますので、出来るだけ早めに自分で気づくことが大切と言えます。自己チェックの結果によって、病院を受診する決心がついたら、予約を入れて初診を受けましょう。初診では、様々な検査を受けて、医師によって本当にうつ病かどうかが判断されます。病院でのチェックのための検査は、はい、いいえのチェックシートや、血液検査、脳の検査など様々行われます。身体的症状が現れていない場合でも、検査によって何らかの問題が出ることもありますので、言われた検査はすべて受けるようにしましょう。また、医師とのカウンセリングや対話による検査もとても重要です。抱えている問題や悩み、ストレス、家庭環境や仕事でのトラブルなどの話から、ストレスの原因を探り出します。恋愛関係などかなりプライベートなことも質問されますが、出来る限りの範囲で正直に答えましょう。対話による診断は、うつ病の治療においての指針となることもあるからです。このような検査を経て、正式にうつ病であると診断されたらさっそく治療を開始していきます。初診ではカウンセリングを中心に行われますが、場合によっては薬を処方されることもあります。薬を飲むと、諸症状が緩和され心が落ち着くようになりますので、きちんと飲むようにしましょう。まれに副作用が出ることもありますが、服用を続けていくことで体が慣れていき、自然とおさまるようになります。治療はこのような流れで行っていきますが、薬の処方やカウンセリングの回数などには個人差があります。一人一人症状も違い、悩みやストレスも違うので、それぞれに合った治療法を見つけることが大切なのです。

Copyright© 2018 定期的にチェックを行うことが大切【自宅でうつか調べる方法】 All Rights Reserved.